「石田塾」を運営する石田健さんってどんな人?

石田塾とは

石田塾を運営する石田健さんってどんな方なのでしょう。

とにかくすごい!

ネットビジネスの礎をを築いた大御所です。
とってもダンディで気さくな方。

そして、頭の回転が速い。
博識。
アカデミアジャパンという立派な会社を運営し、「石田塾」13期まで終え、6,700人以上の塾生を世に送り出してきた方です。

すごくないわけがありませんね。

その「石田塾」塾長のそもそものお話をうかがって感動しました。

石田健氏の歩み

新潟県の長岡市から東京の早稲田大学に進み、さらにアメリカに留学。
早稲田の商学部から、アメリカのドレーク大学に、経営学修士MBAを取得するために渡米されました。

ご実家は、地元で大きな会社を経営していて、何不自由のない豊かな生活をされていたそうです。大会社の御曹司という豊かな子供時代を過ごされたのですね。

アメリカ留学した際にも、お金は実家からいくらでも送ってもらえる。豪遊生活を送っていたのに、突然、ご実感の会社の経営状況が傾き、仕送りが途絶えてしまったのだそうです。

そこから、経験したことのない極貧生活が・・・。

でも、そこから這い上がってミリオネアになられた軌跡には胸を打たれるものがあります。

アメリカ留学でインターネットの洗礼を受ける

石田さんがアメリカ留学されたのは、1991-1993年
世界のインターネットの夜明けの時代
本がインターネット元年を迎えるのよりも、以前のこと。

日本のインターネット元年はWindows95 が発売された1995年と言われていますから、それよりもずっと前に、アメリカで最先端のインターネットに触れたのですね。

1991-1993年といえば、アップルコンピュータ―の全盛期。
第一次MACブームと言われたころです。

日本にいる人々よりずっと早く、インターネットの将来性を目の当たりにして帰国したことが、その後の成功につながったということです。

銀行の預金残高はたったの380円!?


さて、帰国した石田さんには、経営の悪化した実家の会社が待っていました。

来る日も来る日も、トラックで卵を運ぶというつらい肉体労働に追われる日々。それでも経済状態は悪化の一途。

ある日、奥様から預金残高380円という通帳を見せられたそうです。
おそらく、ここが一番の底辺だったのでしょう。

そして、そこからが常人とは違うところです。

どうやってこの危機を乗り越えれば良いか、考えに考え、それを実行し、試行錯誤を繰り返します。PCの前に張り付いて、自ら考え工夫しながら、成功の階段を上り始め、わずか数年でミリオネアとなるのです。

アメリカで触れたインターネットの底力を知っていたこと、考える力とアイデアにあふれていること、筋道をつけて目標に突き進み、そのための努力を惜しまないこと。そういった人並み優れた才覚を持った人なのだと感じます。

だからこそ、多くの関係者や塾生からも尊敬を集め、「石田塾」は14期も継続し、多くのミリオネアをも生み出しているのでしょう。

日本でネットビジネスの最先端事業を開始

さて、石田さんがネットビジネスで成功を手にした軌跡をみてみましょう。

2000年9月
から、「毎日1分英字新聞」というメルマガを創刊。
これがたいへんな評判となります。

このメルマガは今でも継続されているそうで、まもなく成人式を迎えます。すばらしいですね!

2002年からサイトアフィリに参入

2004年からスクールビジネスを始めます。
これが「石田塾」の第1期となるのですね。

私もこのころから石田塾を知っていたら・・・と思わずにはいられません。

この「石田塾」に1通のメルマガのみで140名の塾生を集め、売り上げは4,900万になったそうです。

その後、ますますネットビジネスを展開し広げていきます。

2012年にはご家族でシンガポールに移住します
シンガポールでの生活は2014年まで続くことになります。

ネット完結のビジネスなので、どこにいても、どの国にいても活動ができるから。

石田塾生が海外にも多いのも納得です。

3年に渡るシンガポールの生活でしたが、四季のある日本をなつかしみ、2014年に日本に戻りました。その後も、会社は着実に成長を続け、「石田塾」も今回で13期を迎えるに至ります。

それまでに育て上げたアフィリエイターや実業家は数知れず。
億を稼ぎだす強者も一人や二人ではないのです。

あなたも、そうした成功者の仲間入りを果たしたいと思いませんか?
私は絶対に成功したいと強く思っています。

だからこそ、石田塾14期にも迷わずGSとして参加するのです。

石田氏が運営するアカデミアジャパンってどんな会社?

石田塾14期

石田氏はアフィリエイターかつ実業家です。
石田氏が設立し代表を務めるアカデミアジャパンとは、どのような事業を行っているのでしょうか。

・翻訳サービス
・テープ起こしサービス
・SEOコンサルティング事業
・メディアネットワーク事業
・メモリアル・ダイヤモンド販売
・Kindle出版代行サービス
・風評被害対策
・コンテンツプロデュース&マーケティング
・一括見積りシステム販売

多岐にわたっていますね。

HPを上位表示させる技術を持っていますから、新しい事業も次々と成功させてしまえるということですね!

何に取り組むにしても、インターネットの技術は、これからの時代、絶対に持っておきたい技であると言えそうです。

石田氏の著書

『1日1分!英字新聞 VOL.1~4』 (祥伝社黄金文庫)
『1日1分!英字新聞プレミアム1~3』 (祥伝社黄金文庫)
『1日1分!英字新聞エクスプレス1~2』 (祥伝社黄金文庫)
『自宅で不労所得を生み出すすごい仕掛け~働かないで年収10倍!~』 (インフォトップ出版)
『億稼ぐ! メールマガジン私の方法 ~銀行口座380円が2億円になった理由~』 (祥伝社)
『早起きは3億の得』 (祥伝社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました